心療内科を利用して治療する~ココロケアでウキウキハート~

両腕を挙げる人

原因と発散の見極め

医者

自律神経失調症になると、心療内科や重症化した時は精神科などで精神治療を行う必要が生じます。自律神経失調症の原因はズバリストレス耐性が低いことにあり、ストレスを上手く発散できずに溜めこんでしまうと発症確率が大きくなってしまいます。ストレスが溜まる原因は人それぞれですが、誰にでも可能性があるものとして生活習慣の崩れがあるでしょう。生活習慣の崩れは適度であればそれほど問題ありません。しかし、長期的に習慣を崩してしまうと知らず知らずに体にストレスを溜め込むことになります。ストレスは意識的に感じるタイプと本能的に感じる2種類のタイプが有ります。生活習慣の崩れは知らず知らずのうちにストレスを溜め込む原因になってしまい、発散の機会を失ってしまうことになります。意識的なストレスには仕事のストレスや人間関係のストレスなどがあります。これらは年々ストレス値が増加傾向にあり、問題視されているものでもあります。仕事上どうしてもストレスに感じる場面がある場合が多いという時は、適度に発散が必要になり、例えば定期的に休暇をとり身体的な安らぎを与えたり、また、気分や感情のリフレッシュを行ったりすることが大切になります。ストレスは元々感じ安さに個人差があり、同じストレス値を与えても感じ方に違いが出ます。ストレスに敏感であれば溜まってきたタイミングで発散することができますが、元々鈍感で感じにくい場合は発散のタイミングを失いやすくなってしまいます。鈍感だからといってストレスを溜め込まないかというとそれは間違いで、基本的には受けた分は溜まると考えるべきでしょう。こういう方の場合は発散のタイミングを予め決めておき、ストレスに感じていなくてもリフレッシュすることで自立神経失調症にならない習慣作りをすることができます。